アトリエTAMAKI代表 熊谷珠樹

アトリエTAMAKI代表 熊谷珠樹

バラ色の人生は、自分自身の目的意識で創りあげていくもの

花の専門誌に載っていたフランス人によるデモンストレーションの記事。それを見て衝撃を受けて、電光石火のごとく単身パリへ向かいました。

その女性のアレンジは彼女の哲学を感じさせ、見る者の心を揺さぶる力が漲っていたからです。まさか、その女性が入学先の校長先生とは思いもしませんでした。花が導いたご縁。 そこから私の人生は大きく変わって行きました。

敬愛する恩師から学んだ大切な事は、「何の為のフラワーアレンジメントなのか」。アール・ド・ビーブル(生活をアートする)精神を持ったフランス人ならではの厳しい美への追及は徹底していました。 目的とビジョンがなければ美しい作品は創り出せない。 そしてバラ色の人生も、自分自身の目的意識で創り上げて行くのだと思います。

感謝と愛が世界にひとつのデザインを生む

感謝と愛が世界にひとつのデザインを生む。

パリへの留学から始まり、かれこれ20年以上花と向き合ってきました。その中で今実感するのは、「感謝」というキーワードだったように思います。

植物(自然)への感謝、周りの人々への感謝。そしてひとから頂く感謝の気持ち。表面的なデザイン力やテクニックだけでは成長できなかったことを痛感しています。

自分を愛し、ひとを愛する心を花というもので磨いていく。花を活けるということは、大袈裟にいうと「愛の探求」なのではないかと思っています。

世界にたったひとつのデザインは、愛から生まれるのではないでしょうか。

Biography

  • 2年のフランス留学を終え帰国後、アトリエ兼フラワースクールTAMAKI設立。
  • プランタン銀座「クラブ・ド・マリアージュ」のブライダルフラワーデザイナーに就任。
  • ウェスティンホテル東京において、ブライダルフラワーデザイナー契約を結ぶなど、 ホテルやレストランウェディングのブライダル装花を担当する。
  • 国内ではいち早くプリザーブドフラワーを取り入れ、 「TAMAKIプリザーブドフラワー展」を恵比寿三越で開催。
  • 後に爆発的な人気を誇るプリザーブドフラワーの普及に貢献した事により、生産国であるコロンビア大使より感謝状を授与。
  • 日本橋三越におけるフランス展で、TAMAKIブランド商品を展開、数々のトーク&デモンストレーションを行う。 テレビ東京「レディース4」に出演。
  • フジTV「ジャスト」出演。 NHKまる得マガジン「暮らしを彩るフラワーアレンジメント」に講師としてレギュラー出演。 テキストも同時発売され、メディアに度々取り上げられる。
  • 花の専門誌(花時間・ベストフラワーアレンジメント・その他)では数々の作品を発表し、『フローリスト』においては一年間の連載を担当。 『Marie Claire(マリ・クレール)』や『ELLE a table(エル・ア・ターブル)』などの女性誌にも掲載され、子ども向けファッション誌「キッズスタイル」にて、“TAMAKI Kid’s”を連載。
  • 子どもと花のコラボイベント企画開催など、早くから花育を意識した活動を始める。 フラワーアーティスト、フラワー講師の枠を超え、エンターテイナーとしても能力を発揮。
  • 2013年、フラワー・エデュ協会を立ち上げ、花育活動を開始。J:COMチャンネル「粋人」に出演。

※写真上:パリ留学時代インターナショナルコンクールで優勝したときの作品

フランス留学中インターナショナルコンクールで優勝した作品と
子ども向けの花育レッスン子どもは皆アーティスト
熊谷珠樹雑誌掲載記事
コロンビア大使からの感謝状を授与
熊谷珠樹TV出演

Copyright Tamaki Kumagai All right reserved.

Facebook